楽友会とは | 音楽で人をつなぐNPO法人 楽友会

楽友会 | 音楽で人をつなぐNPO法人 楽友会

楽友会のご案内

 音楽の力で多くの人が心と身体の健康を増進できるようにするのが私たち楽友会です。
 少人数で多くの高齢者を支える宿命を背負った若者と子どもたちの心身面での負担、不安を和らげる環境がまだまだ整っていません。その環境づくりの一環としてひきこもりや不登校、経済的困難を抱える家庭の青少年対象のフリースペース運営を行います。
 フリースペースではニイボリメソード、映像、IT技術など様々なカルチャーを通して若者の活力を増大させ社会を活性化していきます。同時に高齢者の生きがいづくりもすすめます。 音楽が持つ心身の健康のバランスをとる力を感じてもらう機会として音楽鑑賞会や楽器に実際に触れてもらう場を多く作っていきます。音楽を通して「未病を治す」を実現します。
 このような活動を通して「若い人が社会を支える活力を持ち持続させること」と「高齢者が病気にならずに長生きすること」を両立し、すべての人々の心に余裕が生まれ、その余裕が他者への思いやりをはぐくみ互助活動の輪が回り始める動き(まんまる運動)の推進をしていきます。
 そして「音楽」を軸にすべての人々が「暮らしやすい社会をつくること」を目標にしています。

ニイボリメソードとは

 ギターの合奏により一人ひとりが心を通わせ、一つの曲を演奏する喜びを感じてもらう事を目的に開発されたメソードです。 ギターオーケストラはこのメソードを一番よく表したものです。
 一般管弦オーケストラに例えるとバイオリンを弾いた人がチェロをすぐに弾けるようなことをギターオーケストラ楽器システムで創りあげ、より親しみやすく音楽を楽しめる点が大きな特徴です。
 人とのつながり、協調性、社会性を育むために適したメソードです。

ごあいさつ

 音楽は、心にからだに幸せ感をいっぱいにもたらします。右脳も左脳もバランスよく活性化し、最高のホルモンが出て生き生きと輝き、病をやわらげ、未病を元気の方向へ確実に導きます。  現代では医学も科学もその事を実証できましたが、神の子である私たちは紀元前から音楽を聴くことによって元気を得て生きがいを感じてきました。
 そして、どのような時にどんな音楽が最適かも、私たち専門家が提供できる時代となりました。それを藤沢市の認証を受けて実践しようとするチームが、NPO(特定非営利活動)法人 楽友会 であります。どうか多くの方々のご入会をおすすめ致します。
理事長 新堀寛己